東通産業株式会社

totsu Culture

RSS

カテゴリ: リレー

温泉で癒される

こんにちわ。元日に生まれたメデタイ男、SIの雅です。
上司であり、激務の日々を送っているAtsushiさんからバトンを受けとりました。日々頭が下がる思いです、、、

 

前回2017年夏にブログを書き、早いもので5年の月日が経ちました。
当時3歳でダッコダッコだった娘も小学生となり、すっかり言う事が母親に似てきましたね。

 

さて、本題に入りたいと思います。
SI部はここ数年若手が数名入り、半数が20代という異例の部署に変化しました。
また男女比も5:5という事もあり、多様性や変化に対応できる部署になれば良いと考えております。

 

毎日仕事の事を考えすぎていると部下から言われたので、
身体と心を癒すため、温泉旅行に行ってきました。

 

pic1

 

新宿駅からスペーシアに乗って鬼怒川温泉まで

 

pic2

 

pic3

 

江戸時代では「衣川」や「絹川」と表記されていたそうですが、明治時代に今の「鬼怒川」とされたそうです。

 

pic4

 

電車が好きというわけではないですが、人の邪魔がなく撮れる場所ではつい撮ってしまいますね。

 

温泉で心と身体の疲れをとり、2023年も努力を続けていきたいと思います。

次回は、同期の中では一番元気であり仕事の出来る男、企業・公共のY.U.さんにバトンをお渡し致します。

Masa.S.

RSS

カテゴリ: リレー

新年最初のブログ

2023年最初のブログということですので、まずは、新年明けましておめでとうございます。
昨年は流行病も収束せず、世界情勢も混とんとしていましたが、最後にはサッカー日本代表の躍進など元気になるニュースもありました。今年はどんな一年になるのでしょうか!?

 

本ブログ2回目の投稿になりますが、相変わらず仕事中心の代り映えのない生活をしているので、ブログのオファーを受けてもネタがなく困るところですが、たまたま車のショールームの横を通りかかって、さっそく「ネタ発見!」と写真に収めてきました。何の脈絡も季節感もなく恐縮ですが、今回は「日産グローバル本社ギャラリー」さんをレポートしたいと思います。(ブログは1か月ほど前には着手してますので、少し前の話題になりますがご容赦ください。)

 

01s

 

昔から車好きで、日産ギャラリーにはプライベートで何度も足を運んでおります。気になる新車が発売されたときなど、購入予定もなしに、街の自動車ディーラーに入るのは気が引けますが、こちらのギャラリーは自由に見学できます。(写真撮影、SNS投稿OKとのことです。)

 

02030405

 

懐かしい車から現行車種まで多くの車が展示され、イベントも頻繁に開催されています。

 

社有車でもおなじみ NVシリーズがありましたが、「キャンピングカー仕様?」かと思いきや、ITOKIさんとのコラボで動くワーキングスペースだとか。

 

06s

 

07s

 

実際マイカーや社有車でテレワークした経験ある方は多いと思いますが、こちらの車であれば大容量バッテリーでエンジン切っても空調やパソコンの電源供給ができるそうです。コンセプトカーのようですが、ロケ車とか、フリーランスで仕事されてる方々にニーズはありそうに思います。

 

一通り新型車を見学していると、全般的に電子部品要素が増えたなぁという印象です。ナビ、ドラレコ、アラウンドモニターカメラは、もはや当たり前ですが、インパネのスピードメーターも全面液晶化がトレンドになっています。ここだけ見るとゲーム機かドライブシミュレータのようです。職業がら、コストアップ、納期問題など心配になってしまいます。

 

0809b

 

駆動部の電動化については、日本を含む世界の国々がガソリン車の新車販売を廃止とする方針を打ち出しています。
とはいえ、日本はガソリン・ディーゼルなどの内燃機関とハイブリッド(以下HV)車が主力。電気自動車(以下EV)も街中で見るようになりましたが、自宅での充電可否は住宅事情にもよりますので、公共・民間の充電スポットが増えてくれないと、購入はまだ時期尚早かなぁと思ってしまいます。

 

注目モデルの新型エクストレイルはそのあたりを割り切っていて、電動によるモーター駆動ではあるものの、充電用の発電機としてのみガソリンエンジンも搭載した、従来とは違った考え方のHVです。

 

010s

 

エコだけを目指しているのではなく、前後モーターによる滑らかかつパワフルな走りと状況にあわせた4輪制御を追求しています。

 

011s

 

ガソリンが入っていれば勝手に充電するので、長距離運転でも充電切れの心配がなく、100V(1500W)コンセントもついているので、アウトドア志向のアクティブなユーザーには魅力的なSUVとなっています。

 

自動車メーカー各社の動向をみると、HV、マイルドHV、PHEVそしてピュアEVとバリエーションが増えてきて、日本も段階を経てEV化に向かっていくとは思います。私もモーター駆動車を試乗したことがあり、高級車のような静粛性と以外にパワフルなのに驚きました。ただ、、スーパーカー、F1など時代ごとの自動車ブームを見て育った世代としては、エンジンフィール(音や伝わってくる振動)が大人しくなってしまうのは、何か寂しい思いがいたします。

 

次のバトンは、めでたくも本日1/1が誕生日のSさん(社内的にはMさん)にお渡しいたします!!

RSS

カテゴリ: リレー

今年もあとわずか

最近めっきり寒くなり朝がなかなか起きられない季節が今年も来たな、とひしひしと感じる今日この頃、、
こんにちは、大手町支店のY.Oです。
周りを見るとマフラーやコートを着た人が増えてきている中、半そでではしゃぐ小学生を見てどの時代でも元気な子はいるんだなぁと感じています。

 

同期からバトンが回ってきてどうしようかと思っていましたが、オフィスの近くでクリスマスを感じられるものがあったので皆さんにもクリスマスを感じていただきたいなと思います。

 

image 1

 

image 2

 

丸の内仲通りで開催されているイルミネーションです。
他のイルミネーション会場と比べると人通りが少なく(平日だから?)
ゆったり眺められるので良い場所だなと感じました。
道自体もかなり長いためしっかり楽しめると思います。

 

image 4

 

ティモ・ソリン作(フィンランド)
「日光浴をする女 1995」
こういう遊び心もあります
(個人的にはこのモニュメントにもイルミネーションがあるとおもしろかったな、とか思ったり思わなかったり、)

 

image 3

 

上からイルミネーションを見ることもなかなかないと思い撮った1枚

寒い季節にはなってきましたが、この季節だからこそ
温かい鍋がより美味しく感じたり、熱燗が身体に染み渡ったり、、
素敵な季節だと私は思います。
冬、好きです。

 

 

image 5

 

最後にイルミネーションを見終わった後に待ってくれている東京駅。


次のブログは、私に初めて地下街のランチを教えてくださったA.Sさんです。
ありがとうございました。
皆様、よいお年を。

RSS

カテゴリ: リレー

スキー

こんにちは。首都圏営業部のT.Tです。

 

入社して初めてのブログという事なので、自分の趣味であるスキーについて書こうと思います。
今まで続けて来た趣味の中では1番長く、父曰く1歳からスキー場に行き、そこから毎年冬に
なると必ずスキー場に行っていました。
自分で車の運転が出来るようになってからは、年に10回以上は行っています。

 

今まで行ってきたスキー場の写真です。

 

IMG-0349-s

 

IMG-0355-s

 

IMG-0370-s

 

IMG-0420-s

 

今年度も10回以上はスキーに行きたいと思います。

 

次のバトンは、同期のOさんになります。

RSS

カテゴリ: リレー

過去pic①

の茨城支店のKさんからバトンを受け取った元ブラック現ホワイトの神奈川支店I.Sです!
実は入社する5日前に行った草津の事を書こうと思っていたら茨城支店のKさんに書かれてしまったので何を書こうか悩みます…。

悩んだ結果趣味であるカメラで撮影したお気に入りの3枚をご紹介したいと思います。(風景画ですが)
普通とか言わないでくださいね。

 

1枚目はこちら!

3-1

 

皆さんご存じのディズニーシーです。
雨が少し降り止んだ後に撮影したので、水滴にピントが合っているのですが
個人的に背景のボケ具合を含めて好きです。

 

2枚目はこちら!!

kusatsu-1

 

草津の湯畑です(笑)被りなんて気にしません!
これはどうしても皆様にみていただきたくて。

 

3枚目はこちら!!!

2-1

 

江の島のシーキャンドル ご存じの方いますかね。
この写真はたまたま知らない人の手がいい感じの所に伸びてきたのでつい(笑)
ちなみに一人虚しく撮りに行きました。(笑)
ラプンツェルみたいな世界観だなーと思います。(見たこと無いのは内緒)

 

江の島のシーキャンドルご存じない方の為に。
今年の開催期間:10/15(土)〜11/6(日) 〒251-0036 神奈川県藤沢市江の島2丁目3−28
通常料金大人1名 500円小人1名250円かかってしまいますが。
来年も同じ時期だとおもいます。

ブログが出るときには終了していますが毎年やっているので来年は大切な方と行ってくださいね。

 

以上3枚のご紹介でした。
写真の何が良いのと聞かれることがありますが見返すと懐かしい気分になることが出来たり
思い出を共有したり、他の人の写真を見ると感動して行ってみたくなったり。等良いことが多いのです。
あ、個人的にですからね!?

 

これからもちょろっと旅に出て写真を撮り続けて行こうと思っております。
一人行動も好きで一人でどこでも行けるので。
ですがいつか人物画も撮りたいと思っております。
なかなか撮る機会なくて人物撮影したこと無いのです。
何かある際は皆様のカメラマンやりますのでよろしくお願いいたします。
長くなりましたが以上I.Sでした!

 

次は同期の一人T.Tさんにバトンをお渡しします!

ページトップ