東通産業株式会社

totsu Culture

RSS

カテゴリ: リレー

芽吹き

またバトンが回ってきましたが、相変わらずネタがありません。

 

1

 

4月になり、庭の木々の新芽が出てきました。写真は桜ではなく、林檎の花です。濃いピンクの蕾と、開くと白い花弁の対比がとても可愛らしい花ですね。

林檎は自分で育ててはいませんが、一時期実生苗にハマり、数年目になったものがあります。

 

2

 

こちらはおそらくヤマサクラです。本社近くの桜の種を拾い、発芽して数年…今年はそろそろ花が咲くかな?と思いましたがダメでした。ちゃんと世話をしないとダメですね。盆栽にまでするつもりはありませんが、ある程度低くして育てたいので、ばっさり剪定したいところです。桜切る馬鹿…とは言いますが、購入したものではないので、失敗してもダメージが少ないのが実生苗育成の良いところだと思います。

 

3

 

こちらは庭に植えてある紅葉(タムケヤマかな?)のこぼれ種からの実生苗です。イロハモミジもありますが、細い葉も綺麗です。

他にもアゲハ蝶目当てで柑橘類や山椒、クスノキを、食卓の彩り目当てに野菜も鉢植えで育てています。種から育てる樹木や草花、個人的にはとても楽しいです。テレワークの休憩時間にでもいかがでしょうか?


次は、Sさんよろしくお願いいたします。

 

RSS

カテゴリ: リレー

冬から春

バトン2周目が回ってくるほど、長く会社にお世話になっていることを感慨深く思うKです。


先日、2年半ぶりに夢の国に行ったところ、桜が咲いており、春の季節になったのだなぁと実感しました。こちらはアタミザクラで、パークには他にも3種類の桜を楽しむことができるそうです。

1

 

久々に夢の国にいくと、いろんなことが様変わりしていて、驚きでしたね・・・
新エリアのアトラクションとショーとキャラグリに行けたので、しばらく行かなくていいかも?
自分は夢の国に近いところに住んでいるのですが、コロナになってから年パが廃止され、最近は、多摩にあるサン●オの国ばかりに行ってますねぇ。そろそろそちら側に引っ越したほうがいいんじゃないかと思ってます。


さて、話は変わり、3月初旬に越後湯沢にいってきました。目的は雪遊びで、スキーではありません。スキーにはトラウマがあるのです。大学時代初めてスキーにいったとき、リフトで頂上まで登ったものの、滑れないことに気づき、死にそうになりながら四つん這いになって下山したことがあり、2度とスキーはやらないと決めています。

今回は、東京から越後湯沢まで「青春18きっぷ」で行きました。乗り換え2回、4時間半くらい、新幹線の3倍以上かかるけど、電車からの風景をゆっくり楽しめて、私は好きです。
東京ではほとんど降らない雪をみたかったので、ついた時からテンションMAXです。

2

 

 

地元のお酒と、私の連れたち。かわいいですねぇ。

3

 

 

今回泊まったお宿は、お部屋の窓から目の前にゲレンデが広がる、まさにスキー場のホテルでした。
そして、手前にあるオレンジのフェンスに囲まれているのが、大きなお友達も遊べる「ゆきゆきランド」500円。

4

 

 

子どもたちに混ざって雪を満喫しました。後ろのスキーコースには絶対に足を踏み入れてはいけない・・・

5

 

ほかにも、チューブに乗るウォータースライダーの雪版みたいなのがあって、とっても楽しくて何度も滑りました。普通なら、上まで登るのが面倒くさいのですが、なんと、雪の中にこんなエスカレーターがあって、よぼよぼのおじいちゃんでもとっても楽でした。

6

 

帰りは、大雪で普通電車が止まっていてあたふたしていたのですが、青春18きっぷのすごいところ、無料で新幹線振替ができて、高崎まで3時間の道のりを30分スキップできました。大雪に感謝しかない。

7

 

ご飯も温泉も良くて、かなり安く泊まれたんですよね。
スキーに対するトラウマは消えないけど、雪と戯れられて、満足の旅でした。


次のバトンは私と誕生日が一番近いSさんです。楽しみですねぇ。

RSS

カテゴリ: リレー

美味しい苦手なもの

Totsu Cultureがスタートし2人目の投稿だった2015年4月28日以来で、ほぼ7年ぶりとなります。


先日3/9~10にかけて、茨城へ出張で行って参りました。今回の現場は、茨城営業所Hさん担当で弊社と長いお付き合いのT大学様でした。今回はSI部のMさんのお手伝いで参加し、このTotsu Cultureが始まった頃にはまだ入社していなかった彼もすっかり頼もしい存在となり、安心して作業に取り掛かることができました。
業務の方はこれと言って大きな懸念点はなかったのですが、コロナ禍ということで交通機関での移動や食事等がやはり気になるところでした。こんなご時世でなければ、業務終了後はメンバー揃っての食事+酒飲みといきたいところでしたが、一人寂しくホテルの中で細々と済ませることになりました。
ただ、昼食に関してはオススメのお店があるとのことで、手早く済ませられることも考慮し、茨城で有名なスタミナラーメン店に行って参りました。

 

DSC_0085

1. スタミナラーメン

 

DSC_0086

2. スタミナ冷やしラーメン

 

1の方は私が注文し、2の方はMさんが注文しました。スタミナという名前が付くことだけあって、ニラやレバーがたっぷりと入っており、更に見た目以上の辛さがありました。
実は私は大のレバー嫌いということもあり、入店前は絶対レバーの入っていない他のラーメンにするつもりでしたが、東京ではあまりお目にかかれない品ということもあって、怖いもの見たさもあって思い切って注文してみました。
 いざ口にしてみると、確かにレバーのあの独特の味はするのですが、変な臭みはなくスープが良い感じに染み込んでおり、後味も良くて美味しく頂けました。生まれてこの方一度もレバーを美味しいと感じたことがなかったため、これは非常に大きな発見だったと改めて実感しております。次回の茨城出張時もこのお店ならまた入りたい気持ちがあり、レバーが苦手な方にもオススメできるのではと思います。ちなみに店内に有名人のサイン色紙も飾っており、マツコ・デラックス、スギちゃん、阿部サダヲも来店していたようです。(店内の撮影は禁止のため写真は残せませんでした、残念…)
食事に限ったことではないかもしれませんが、苦手なものを最初から苦手と決めつけて目を背けず、思い切って向き合ってみるのも悪くないと感じた日でした。

 

次のバトンは、入社時期が近く何かとお世話になっているT.Kさんにお渡ししたいと思います。

N.N.

RSS

カテゴリ: リレー

週末は山登りでも

Oさんよりバトンをいただきました。神奈川支店のM.N.です。

現在、神奈川県の西部にある市に住んでおりまして、週末に行う趣味が何かないかと思っておりましたが、ふと周りを見渡せば山に囲まれているようなところに住んでいる、そんなこんなでコロナ禍で遠出も難しい時期ですので、家族で近くの山登りに行ってみました。

今回登った山ですが、日帰りでも登りやすい、山北町にあります大野山へ登ってきました。
大野山は、標高723mほどしかないので、初心者が登るにはちょうど良い高さの山です。

それでは、ここから山頂目指して登っていきます。雪がちらほらと積もってます。

 

DSC_0356

 

途中、案内看板もあるので、道に迷うことなく山頂へ向かえます。

 

DSC_0357

 

東京スカイツリーと同じ高さまで登ってきました。ただし、ここからは実際の東京スカイツリーはもちろん見えません。

 

DSC_03620

 

山頂付近は、思いのほか雪が積もってまして、防水性がある登山靴で登ってますが、子供は楽しそうに雪道を歩くのですが、雪が靴の中に入って靴下が濡れてしまいました。

 

DSC_03670

 

登り始めてから約1時間ほどで山頂につきました。山頂からの富士山です。山頂ではお昼ご飯を食べ、体感的に凍える寒さなのですぐに下山を始めました。

 

DSC_0370

 

新東名高速道路も来月には新たに開通するインターチェンジもあり、神奈川県西部への車でのアクセスもしやすくなると思いますので、皆様も暖かくなってきましたら少し足を延ばしてみてはいかがでしょうか。


次回は、いつも頼りになっているN.N.さんへお渡しします。


M.N.

RSS

カテゴリ: リレー

うまいはうまい

Sさんからバトンを受け取りました、神奈川支店のS・Oです。

 

二度目のリレーが回ってまいりましたが、案の定イベントもないので晩酌の話を少々させていただこうかと思います。
もともと自宅で飲む習慣はあまりなく外飲み派ではあるのですが、コロナ禍ということもあり、家で飲むことが必然的に増えました。不定期に行われるリモート飲み会という存在もそれを助長する一端を担っています。おいしいお酒とおいしい料理が日々の癒しとなっている私ですが、口に入れるものを「うまいうまい」と脳死状態でたしなむもので、知識や教養は増えずじまいであります。そのため普段は料理の写真など撮る間もなく、ですが、つい先日のリモート飲み会でのおつまみをいくつか紹介します。

 

1枚目

近所のもつ焼き屋さんの「ればテキ」 ビール うまい

 

2枚目

近所のもつ焼き屋さんの「白センマイ刺し」 日本酒 うまい

 

というわけで細かいことは気にせず、「うまい」に癒される時間でした。夏はビアガーデンで「うまい」を感じたいものです。外で気兼ねなく飲める日を夢見ながら日々精進します。

 

次回は神奈川のエンターティナーM・Nさんです。 お楽しみに笑

S.O.

ページトップ